Things

Things Store

真空管の個体差について

真空管にはその個々の増幅率に「ばらつき」と言われる各増幅率の「個体差」があります。

Beyond Tube Boosterでは、ゲインミニマム時1.8倍以上、ゲインマックス時5.6倍以下の増幅率となる真空管。

Beyond Tube Buffer+では、ゲインミニマム時1.0倍以上、ゲインマックス時2.5倍以下の増幅率となる真空管。

を、それぞれ採用しています。

この採用内での「ばらつき」は、内部ボリュームトリマーにより規定数値に調整し出荷しています。

よって、出荷時の設定では各個の「音量」は均一となります。

しかしながらその真空管の個体差により「音質」には差異があります。

この「差異」に関し、私たちは「アナログ機器のもつ個性」と位置付けています。

*製品としての同一性を逸脱するものではありません。

皆様にも、このアナログ特性をご理解いただき、真空管サウンドをお楽しみいただけたらと思います。

Instagram
Twitter
facebook
Blog